求人情報インターネット予約

〒253-0052 神奈川県茅ヶ崎市幸町19-8

電話:0467-82-6781

婦人科~その他~|茅ヶ崎市の産婦人科・美容皮膚科|子宮内膜症

HOME医師紹介医院案内診療案内・産科診療案内・婦人科アクセス

婦人科~その他~

contents
携帯サイト
トップページ»  婦人科~その他~

子宮内膜症について

子宮内膜症とは、子宮内膜に似た組織が、内膜以外の場所にできて出血を起こす病気です。全女性の10~20%に認められるといわれており、不妊症の原因にもなります。
激しい月経痛が特徴ですが、進行すると月経以外の時期でも下腹痛、腰痛、性交痛などが持続します。有効な薬も多数開発されていますので、ご心配な方は受診して下さい。

更年期相談

更年期とは、閉経前後の約10年間(45~55才頃)の時期を言います。加令により卵巣の働きが低下すると、女性ホルモンが減少して冷え、のぼせ、発汗、動悸などの不快な症状がみられるようになり、若々しさが失われて行きます。これを更年期障害と呼びます。
また、女性ホルモンの減少により、骨のカルシウムの量も減少し骨が折れやすくなったり、腰が痛くなったりすることが知られています。これを骨粗鬆症(こつそしょうしょう)といいます。
年令や症状に合わせて漢方薬その他の薬を用いますが、根本的に治療するためには女性ホルモンを補うこと(ホルモン補充療法)が必要です。副作用を心配される方がおりますが、医師の指示通りに服用していただく限り問題はありません。

性病・性感染症について

性病・性感染症について

性行為で感染する病気のことです。いわゆる性病(梅毒、淋病、そけいリンパ肉芽腫、軟性下かん)のうち、淋病はいまだによくみられる病気で、黄色い膿のようなおりものが特徴ですが、無症状のこともあります。
今最も多い性感染症はクラミジアですが70%以上の人は無症状です。進行すると汚いおりものが増えたり、下腹痛が起こったりします。ひどい場合には、腹膜炎を起こすことがあります。
クラミジアと淋病はしばしば合併します。
性器ヘルペスでは、外陰部に多発性の浅い潰瘍や水ぶくれができ、激しい痛みを伴います。いずれも特効薬がありますので気になる症状がある時は、早めに受診しましょう。
また、性感染症を予防する為に以下のことを心がけましょう。

  • 不特定多数との性交渉を避け、パートナーを特定する。
  • 性交渉の前後は体を清潔に保つ。
  • コンドームを正しく使用する。

その他

かゆみの治療、尿失禁の治療、子宮下垂の治療などもしています。お気軽にご相談下さい。

主なご紹介先病院

北里大学病院、東海大学病院、聖マリアンナ医大病院、聖路加国際病院、茅ヶ崎市立病院、茅ヶ崎徳州会病院、平塚市民病院、平塚共済病院など

このほか、患者様の希望される病院にご紹介しています。

pagetop